経緯

僕はまったくwebに関する世界を知らずにすごしてきました。もちろん余暇にインターネット閲覧をすることはあります。しかしホームページを作る仕事やwebライターという仕事があることはまったく知らなかったです。

僕がこの仕事を始めたのは1年前ですが、もうけっこう前からこうした仕事は当たり前にあるんだなと実感しています。求人なども多いですし、クラウドワークスなどメジャーなものもありますよね。

僕は運よくベトナムのコラムについても書籍で執筆させてもらいました。webで僕の記事をみて、知人の出版社経由でベトナムのことを書いてほしいと依頼が来たためです。

当たり前ですがwebライターよりも出版社のほうがダントツ原稿料はアップします。

僕は友人の会社を手伝うことなり執筆や添削、そして主にワードプレスを中心に技を習得していきました。

まったく違うジャンルの仕事となったわけですが、これは性分にあっていました。文章を書くのは好きですし、また自分のペースで仕事ができるのはありがたいです。事務所ですが、僕らが住んでいるアパートの1室を借りて仕事に取り組んでいます。広さにすると10畳程度でしょうか。日本の感覚だとオフィスといったイメージではありませんが、2人で仕事をする分には十分なスペースです。

またSの方針で基本的に仕事をする場所はどこでもかまわないといったスタンスなので、自分の部屋で仕事したりカフェで仕事をしていることも少なくありません。

最近在宅での仕事が流行っていて、日本でも全国各地から応募が殺到しています。また海外からの応募もけっこうみられます。

僕の場合、ベトナムを拠点に生活して執筆しているわけですが日本で1人暮らしをすることを考えたらベトナムのほうが生活費も安いですし、自分としても気楽に生活できるなと満足しています。家賃は会社負担で月15万円ほどで働いているのでお金については食費などがかかる程度です。給料については大幅ダウンですが、日本時代よりも充実した生活を送っています。

執筆についてもどんどんなれてきて、SEOに関するコツも少しずつ勉強しています。もっと慣れてきたら自分のサイトも作ろうかな?と考えているほどです。

デザインについてはベトナム現地の企業が日本に比べてはるかに安く製作してくれます。

全く素人だった僕が執筆しているわけですが、おかげさまで評判は上々です。Sとも息があった形で仕事に取り組んでいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です